知るようになる:チャンタテウン、リサイクルされたブラス・アーティスト

知るようになる:チャンタテウン、リサイクルされたブラス・アーティスト

私はカンボジアのプルサット県で生まれました。兄弟はいないし、4歳の時に母親は亡くなりました。私の父は私が悪名高いクメールルージュの兵士によって8歳の時に殺されました。私にとってはひどい時でした。私は幼い頃だけで、父が亡くなったことに気づきませんでした。私は彼に目を覚ますように頼みました。悲しいことに、私は彼が亡くなったことを知りませんでした。

それから私は祖父母と暮らすようになりました、そして私はSKIP機構(孤児院と職業訓練プログラム、現在はもう存在しない)からサポートを受けました、そしてこれは私がプノンペンで私の研究を続けることを可能にしました。

私はSKIP機構で14歳からジュエリー作りを学び始めました。私は彼らのジュエリートレーニング部門で4年近く弟子になりました。

私は2009年に妻のThearny Kolと結婚しました。私の妻はジュエリーを作ることができ、リサイクル素材から作られたバッグも縫います。娘がいます、彼女の名前はRozannara Chanthaです。彼女は3歳5ヶ月です。彼女は最近幼稚園の学校に通い始めました。 (更新:ThearnyとChanthaにはもう一人の娘がいる)

私はいくらかお金を節約することができたし、それを使ってデジタルグラフィックデザインを勉強しました。私はまた、訪れるオーストラリアの高級宝石商から貴重な石を作る方法を学ぶ機会もありました。

私達が私達の顧客のために作るデザインのほとんどは困難でユニークなものです、私と私のプロデューサーグループのために制作するのが簡単なデザインはほんの少しです。

私たちは商品が国内外の市場で売られていることを非常に誇りに思っています。信じられない!これからも頑張ります。近い将来宝飾品を増やすことができると思います。

National Geographic Young Explorerのすべての写真ハンナ・レイエス

Phnom Penh 2014 Phnom Penh 2014 Phnom Penh 2014 Phnom Penh 2014 Phnom Penh 2014

No Comments

Post A Comment