NPAの女性の犬の取扱い人

NPA landmine detection dogs demo centre Emi & Eve

NPAの女性の犬の取扱い人

地雷、弾丸の殻、その他の戦争の残骸爆発物を去するプロセスを理解するために私はカンボジアのさまざまな地雷対策事業者と会いました。団体では外国人の雇用も見られたがで、限られた人数であり実際の作業はすべて地元の人々によって行われていました。 私は地雷対策において 地雷対策担当官特に女性の生活にどのように影響しているのかに 特に興味を持っていました実際女性は一般にこの仕事に特に優れていると考えられているようですだからこそ私たちは彼女達の地雷対策に全面的に注目する事にしました

Norwegian People’s AidNPA、地雷および爆発物探知犬訓練の世界的リーダーですこれらの英雄犬はカンボジアや他、世界中の地雷と不発弾の除去手伝い 人命を守るのを助けています。  1992年からANAは カンボジアで初めて 国連の後援のもと、国の北西に最初の地雷除去を行います。彼らは政府の地雷除去チームと協力し 60匹の犬をCMAC C提供しています

今日では、NPAは主にラタナキリ州で活動し 密集弾撤去する作業をしています。

NPAは世界最大の地雷探知犬を持っています。 ベルジアン シェパート ドッグ マリノアは 丈夫で、優れた狩猟本能を持っているので血統犬です。また NPA女性雇用も積極に行っています。私は シェムリアップのデモセンターで らに会うのが楽しみで待ちきれませんでした

実演デモを率いるCallyによるブリーフィングの後我々はトレーナーSrey NichAxel と犬のAxelそしてトレーナーVannochと犬のInna愉快な彼ら2組と出会いました。 Srey Nich32)はすでに6年間NPAに所属しています。デモセンターで働く前, 彼女はラタナキリのフィールドに出て、彼女のチームはたくさんの戦争残骸爆発物を見つけました彼女は仕事が大好きだったのですが、以前事故を目撃したことがあり、それ以来 除去作業することは彼女にとって過酷な経験となりました。Vannoch31)はタイで清掃員として働いていましたが ある日 彼女がラジオでNPAによる人員募集の発表を聞きつけました。 二人とも自分たちがしていることが大好きであることは明らかです

「肉体的な力が少なくても女性は男性と同じようにこれらの仕事をすることができます」とSrey Nichと話してくれました。彼女達 牛の世話や清掃の仕事よりも より良いカンボジアに貢献する機会を与えられている仕事に満足しているそうです。

写真クレジットNPA

写真クレジットNPA

NPAデモンストレーションセンター

左側にVannochとInna、右側 Srey NichとAxel

NPAデモンストレーションセンター

Innaが長いリード紐を使って動きを教えてくれる。

NPA landmine detection dog centre

犬による爆発物の検出成功には、動物の遊びたいという衝動を利用することに基づいていることを学びました犬が遊ぶ気分になっていない場合彼らの検索は信頼できませんこれにより犬とハンドラーの関係が重要になりますAxelInnaは私達に長リード紐と短いリード紐を使った テクニックを見せてくれました。我々は(犬が見ていない間)小さな立方体のおもちゃを隠すように頼まれました。犬早くおもちゃを見つける技術を皆に見せたくてリード紐を噛んできました。普通の犬は最も匂いの集中している部分を探しその上に立ちますしかし地雷探知犬は匂いの周りを歩き回り、焦点を見つけて鼻を向けるように訓練されていますれで犬がこの仕事で死んだことは一度もないそうです。

子犬から8年間の勤務の為に、犬はゴムで出来たおもちゃでトレーニングされます。穴が開いている部分にれて、おもちゃが隠されます時間が経つにつれて食べ物は より多くの爆薬と混合され、爆薬のみが存在するまでにおもちゃは どんどん小さくされます彼らはこれを地面から数メートル下で感知することができるようになります。 18ヶ月齢までに犬は完全に訓練されて野外環境フィールド 極小さな爆発物の破片を検出することができます

家で飼うペットのような犬ではなく犬のInnaAxelは大きくて荒々しく見えましたが同時に愛らしくて 「会えてとっても嬉しい!」というトレーナーの掛け声と共に足を引き上げました。トレーナーさん達と犬が真剣勝負の仕事をバランスを持って楽しみながら働いている様子に感動しました。

NPA landmine detection dog

魅惑的な実演デモの後、私たちは他の犬やトレーニングセンターを訪れましたNPAはノルウェー政府や他のドナーと密接に連携しており最新の設備や専門知識を利用することができます犬が遠隔地で病気になると どうなることでしょう NPAの移動式獣医診療所は現地調査の拠点となる場所に配置される為、 犬の耐用年数を延長し、土地残骸爆発物 除去作業をスピードアップする事が可能なのです。

移動式獣医診療所の1つがここに配置され私たちはコロンビア出身のNPAの獣医Elisabeth(「自宅から3日間かかる」)に出会いました彼はラタナキリ州のチームに参加する準備をしていました興味深いことに、アポポのスタッフは彼女とちょうど会ったばかりでした。Apopoは地雷探知ラット(ネズミ)と協力しNPAの獣医と診療所と協力しています私たちはすでにアポポの地雷探知ラットであるマガワを養子にていたので、彼らとのチームワークを目のあたりにることができて嬉しかったです

さて 犬が引退するとどうなるのでしょう 彼らのよき理解者トレーナー達によって 養子に引き取られたられるケースもあります。今では、リタイアした犬のための世界初の老犬ホーム、英雄の家もあります

そして女の子たちはERWから作られたジュエリーについてどう思ったでしょうか 下の写真を見てください

私たちは20個のジュエリーをNPAに寄付しましたデモセンターで販売されています

値段はあなたが決めて下さい。。。 全ての売り上げは 犬トレーナーの女性へ渡されます。

NPA landmine detection dog training centre showcase NPA landmine detection dog centre jewellery NPA landmine detection dog centre NPA landmine detection dog centre NPA landmine detection dog centre NPA landmine detection dog centre jewellery

No Comments

Post A Comment