児童兵から英雄へ:アキラ

Akira south china morning post

児童兵から英雄へ:アキラ

あなたは 子供の頃からどんな冒険をしましたか?おそらく裏庭にツリーハウスを建てたとか、隣人の子供たちと一緒に夕食時間までボール遊びをしたとかではないでしょうか。

そのような冒険は 1970年代のクメール・ルージュ占領中のカンボジアの子供には 大きく異なる状況でした。

多くの子供兵士の一人として、アキラは何千もの地雷を埋めることを余儀なくされました。

戦争が終わり、彼は勇敢にも自分の問題とし、彼が置いた地雷を見つけて 取り出すために 自身のステップをたどることを決めました。アキラの本当のカンボジアの名前はEoun Yeak。彼がUNMASで地雷除去 働いていた頃 UNMAS上司のスーパーバイザーの一人が 彼の優秀な仕事ぶりをみて、日本の大手家電AKIRAを思い起こさせたことからAKIRAと呼んだらしい。彼は全国で約5

もの 地雷を伐採するために働いてきたのです。

アキラは地雷の外殻を集めで、カンボジア自助地雷除去組織

とカンボジア地雷博物館救済センターの資金を集めるために博物館をオープンしました。Aki Raと亡妻は 24人以上の孤児達を養子にし、彼ら自身の子供と一緒に育てました。地雷のために手足を失った子供たちは救援センターへ温かく受け入れられ、そこで援助と教育を受けることができます。

Akira

2003年 地雷救済基金(LMRF)は米陸軍将校 ビル モース氏によって アキラとそのNGOの活動を支援するために設立されました。LMRFは、米国を本拠地とする米国501c3の慈善団体です。実は 自分で地雷を除去することは世界中で違法とされており, アキラは政府と問題を起こし始めました。そこでLMRFは、アキラをロンドンの国際安全保障爆弾教育学校に入学するのを助け、そこで証明書を受理することが出来ました。彼は2010年にCNNヒーロー賞を受賞し、国際社会から多くの支持を受けています。

Landmine museum CambodiaLandmine museum school Landmine museum Cambodia

Aki Raは、地雷除去作業に測定基準を置くことに反対と主張しています。寄付者による費用便益分析は、地雷除去プログラムの費用と人の命の価値を比較しているようなものです、しかし地雷除去が成功した爆弾に価格を設定することは不可能です。人の命をドルの価値へ置きかえすることは できないからです。とアキラは言った:

地雷除去にはいくらかかりますか? 我々はどんなに費用がかかっても 地雷を取り除きます。 地雷一個 は 一人の命 です。

真のヒーローであり、どれほど素晴らしいことがまだ逆境から抜け出すことができるかの素晴らしい例です。

Demining team cambodia

Cambodia Self Help Demining チーム

画像 www.cambodialandminemuseum.org

特徴画像:華南モーニングポスト

No Comments

Post A Comment