アポポのヒーローラット

アポポのヒーローラット

あなたは犬、猫、あるいはペットのネズミを飼っていますか?

International Mine Action Dayである4月5日、Emi&EveはシェムリアップのApopoで働くMagawaと呼ばれるプロの地雷除去ねずみを養子にしました。

APOPOはオランダ語の頭字語で、Anti-Persoonsmijnen Ontmijnende Product Ontwikkelingの略で、英語ではLandmines Detection Product Department(対人地雷探知製品開発)の略です。

1995年には、世界の地雷問題の解決策を模索していたアントワープの学生、バート・ウェートジェンスは、ペットとして飼っていたネズミを地雷除去のために訓練を受けることができないかと考えました。彼の元講師は、アイデアの実現可能性を信じ、研究プロジェクトの開始に資金を供給しました。2年後、ベルギー政府はチームは特殊な種類のネズミの繁殖においてタンザニアの大学との共同研究を開始することを可能にする助成金を提供しました。世界銀行からのさらなる助成金の後、プロジェクトは結核探知、そしてモザンビークでの地雷除去に焦点を合わせ始めました。最終的に2006年にアポポは公認地雷処理業者となりました。一般庶民が 募金集めのみでなくラットを養子にすることができる 公的支援キャンペーン、斬新なアイディアに庶民はHERORATキャンペーンを支持しました。

2014年4月に、APOPOは初めてその地雷探知ラット(MDR)をアフリカ大陸の外に送りました。2016年までに、現地のパートナーであるCMACによる順応と3か月間の徹底的なテストの後、カンボジアのHeroRATチームが地雷原に配備されました。

APOPOは最近MDRに会い、デモンストレーションを見ることが可能であるにビジターセンターをシェムリアップにオープンしました。私が2018年1月に訪問したとき、私は掲示板で11匹のネズミが11個の対人地雷と10個の戦争残骸爆発物を見つけ 21人の命を救うことが出来たと報告されていました。私はとても感動しました。MDRはこの仕事に非常によく適していて、地雷を見逃すことはありません。彼らは最大8年間の生命力があるので トレーニングに投資する価値があります。

Cassandra at Apopo

HeroRatsは人間の環境で生まれているので, 生まれつきから社交的になっています。 私は猫や犬のように、ネズミは近い人間とある程度付き合うことができることを学びました。彼らは仕様者の人間に対し信頼を持っていますが、猫とは違って、独立した生き物のままです…

Apopoは、地雷探索犬を飼っているノルウェーの人民援助NPAと協力活動を契約しています。NPAは最先端の移動式獣医コンテナーを持っているので、これらすべての動物は素晴らしい医療を受けられます。

International Mine Action Dayに、Emi&EveはMagawaを養子採用することでHero Rat プログラムの一部になりました。彼の3月の報告カードは次の様に書かれてた。

地雷除去エリア:4300平方メートル

爆発物発見:2x AP(anti personell)地雷、3 x 他爆発物

作業時間:529分

さあ ごちそうのバナナとピーナッツの時間!

私たちのInstagramFacebookで Magawaの最新情報をフォローしてください。

私たちは色々な方法で地雷除去を支援することを誇りに思います!

ラットをクリアする鉱山を持つ男

彼のハンドラーとマガワ

Magawa at Apopo

彼のタンザニアのトレーナーとマガワ

CMAC landmine disposal team

シェムリアップ州で働くマガワ

フィーチャー・イメージ・クレジット:APOPO

Tags:
No Comments

Post A Comment