社会的影響

Arkounのイヤリングジャケットは、Emi&Eveのジュエリーコレクションの一部です。私たちのジュエリーは、カンボジアの職人によって砲弾、弾丸のケーシング、ミサイルの管のリサイクル部品で作られています。...

地雷、弾丸の殻、やその他の戦争の残骸爆発物を除去するプロセスを理解するために、私はカンボジアのさまざまな地雷対策事業者と会いました。団体では外国人の雇用も見られたがで、限られた人数であり実際の作業はすべて地元の人々によって行われていました。...

あなたは犬、猫、あるいはペットのネズミを飼っていますか?International Mine Action Dayである4月5日、Emi&EveはシェムリアップのApopoで働くMagawaと呼ばれるプロの地雷除去ねずみを養子にしました。...

Emi&EveはシェムリアップのジュエリーアトリエAmmoとのコラボレーションにワクワクしています。 AmmoはイギリスのジュエリーデザイナーMadeline Greenによって設立されました。彼女は地元の...

Emma Louise Fry エマ ルイーズフライ によるドキュメンタリー「地雷少女」は、彼女がFalmouth University Colleage大学の国際ジャーナリズム修士課程の学生だった頃に制作されたものです。その中でCMAC地雷除去部隊の2人の女の子を追って、彼女達の仕事とそれを選ぶ理由についての話を聞いています。    ...

私はカンボジアのプルサット県で生まれました。兄弟はいないし、4歳の時に母親は亡くなりました。私の父は私が悪名高いクメールルージュの兵士によって8歳の時に殺されました。私にとってはひどい時でした。私は幼い頃だけで、父が亡くなったことに気づきませんでした。私は彼に目を覚ますように頼みました。悲しいことに、私は彼が亡くなったことを知りませんでした...

30年前にカンボジア王国で起こったことを想像するのは難しいです。カンボジア王国では、人々は現在、東南アジアの他の国のように米を植え、市場に行き、結婚し、学校に行くビジネスに取り組んでいます。しかし、私たちの世代と同じくらい若い人に話しかけると、思い出がまだ新鮮であることがすぐに表面化します。逃げる家、難民キャンプ、爆撃、そして地雷の運搬と敷設のために殺人軍に徴兵された...

あなたは 子供の頃からどんな冒険をしましたか?おそらく裏庭にツリーハウスを建てたとか、隣人の子供たちと一緒に夕食時間までボール遊びをしたとかではないでしょうか。そのような冒険は 1970年代のクメール・ルージュ占領中のカンボジアの子供には 大きく異なる状況でした。...

Emi&Eveはしばらく前から在宅勤務の仕立て屋、Thearith Sounと仕事をしていました。 Thearithは熟練した仕立て屋です。彼女はまた戦争の生存者だけでなくHIVの生存者でもあります。彼女は彼女の地域社会でHIVと仕立て屋の小さなグループを率いています。フェアトレードの顧客からの注文はいくつかありましたが、それらはすべてワークショップで過剰化され、したがって在宅勤務に頼らざるを得なかったため、通常の収入に苦しんでいます...

プノンペンの市内中心部から市場向けの商品が並ぶトゥクトゥクやバイクと一緒にトゥクトゥクに長時間乗ると、いくつかの未完成の家が並ぶ、やや古くなった郊外へと私たちは連れて行かれます。カンボジアは、私たちの社会で当たり前のこととされてきた多くのことには触れていません。そのうちの1つは税制で、もう1つはゴミ処理です。その多くが道端に並んでいます。私たちがチェンラの家族の家に近づくにつれて、裏庭で遊ぶために多くの子供たちが集まってきたことがわかります。子供たちにステッカーを配った後、私たちは裏口から家に入ります。すべてのカンボジアの家庭のように、Chenlaと彼の妻Raksmeyの大きな結婚式の肖像画は、彼の若い娘SoriyaとKaknikaによる絵が下にテープで貼られて、一つの壁に場所を誇りにしています。...

プノンペンのCMAC本部の壮大な入り口には、いくつかの大きな爆弾があります。その後 何もない クリーム色の壁と天井の高いロビーへと導かれます。そこには、地雷除去活動の緑豊かな田園風景を描いた巨大なポスターが飾られています。私の初めての訪問は 広報担当官によって広い展示室へ案内されました。危険区域を示す赤い点で覆われているカンボジアの地図を見せ、彼は自分の過去について話してくれました。...