社会的影響

プノンペンのCMAC本部の壮大な入り口には、いくつかの大きな爆弾があります。その後 何もない クリーム色の壁と天井の高いロビーへと導かれます。そこには、地雷除去活動の緑豊かな田園風景を描いた巨大なポスターが飾られています。私の初めての訪問は 広報担当官によって広い展示室へ案内されました。危険区域を示す赤い点で覆われているカンボジアの地図を見せ、彼は自分の過去について話してくれました。カンボジアの多くの男性と同様に、彼はクメールルージュのために武器や弾薬を持ち歩くことを余儀なくされました。それにもかかわらず、彼の話は一気に笑い声で終わりました。 カンボジア地雷アクションセンター(CMAC)は、地雷除去活動を担当する カンボジア政府機関です。オーストラリア、オランダ、ベルギー、カナダ、EU、フランス、ドイツ、日本、ニュージーランド、スイス、イギリス、アメリカから資金を受けています。また、ハンディキャップインターナショナル、ケアインターナショナル、UNDPおよびUNMASのような多くの機関によっても サポートされています。1992年以来、彼らは5億7000万平方メートルの土地を伐採し、50万の地雷を発見して破壊しました。 私たちの職人が使う金属がどこから来たのかを直接見たい。安全性の問題について知りたいと思いました。また この仕事をする人々に会いたいと思いました。デザイナーとして 私自身が素材とつながりたいのです。それで、私は地雷フィールドの仕事でチームを訪問することができないかどうか尋ねました。 了解承認を受け、私はシェムリアップ郊外のCMAC 4号館に報告するように言われました。清潔なロビーに入るドアの奥で電話中の誰かが待っていました。どういうわけか、DUのマネージャーであるSaem Punreyは、私のことを知っていて すぐに出てきてくれました。そして握手の時、「私は……幸せです。あなたがここに来てくれて!」と誠意をこめて言った。彼はすぐに他のスタッフを召喚し、簡単な英語が話せる フレンドリーな副マネージャーのKong Him Chuonが展示室を再び案内してくれました。その際マネージャーと副マネージャーのの間でいくつかの議論がありました。やがて彼らは。翌朝の午前7時に自分の車で私をホテルまで迎えに行くのが一番都合が良いとのことでした。   カンボジアでの滞在期間中は いつもトゥクトゥクで移動し 汗だくでしたが、この特定の機会にエアコン付きの車の贅沢に護衛されるのはかなり皮肉でした。しかし、舗装された道路を走って約1時間後、非常に泥だらけで深く溝のある赤い泥の道に変わりました。その後 残りの100 m部分をフィールドユニットセンターまで歩いて行かなければなりませんでした。ベーシックな家族の小屋の隣にある小さな丸い家です。小さな女の子が皿を洗っている手押しポンプがありました。そして、「ゴミエリア」と「フラグメントエリア」とマークされた2つのきれいなゴミ置き場の周りを鶏が走っていました。 地雷除去の手順、色分けされた それぞれのマーカーやサインの意味、および全ての安全上の注意を確実に理解してもらうために、チームリーダーのオムチャンロムが説明してくれた。Om Chan Romは、5人のチームを率いてエリアBS.CMAA.04066.A4をクリアします。17ヘクタールの総面積です。地雷除去には6ヶ月かかるそうです。 「これらはロシアの地雷です」とChuonは説明しました。ロシア人はもちろんカンボジア西部で大規模な森林伐採を引き起こしたクメール・ルージュの側にいました。地雷は彼らの徴兵団によって置かれた。徹底的な位置調査は地雷除去機関によって行われますが、最も効果的な方法は彼らが地雷を置いたところを覚えている村人から情報を集めることです。 我々は、灼熱の太陽の下木々が並ぶ赤い未舗装の道路の上を600m歩き始めました。そこで見たのは赤いサインと白いドクロマークでした。衝撃でした。これは大きなのサインでした。つまり、ここの辺に地雷があるのです。いままでの 私の観光生活は 保護され、安全な町や忙しい道の中に連れて行ってくれましたが、これは全く別世界の秘密で危険な土地でした。役員たちにピッタリと付いて歩き 私は乾いたガリーを渡り、そこで 安全ベストに白いヘルメット、赤いテープを巻き付けた3人の男性と会いました。 オムチャンロムは安全ベストとヘルメットを持って私の方へ来ました。ヘルメットは私の頭の周りの内側に しっかりと縛り付けられていました。彼は後についてくるように私に言いました。そして私たちは赤いドクロマークと赤いテープのそばに見られるクロスボーンサインのうちの1つに向かって出発しました。これは小さなものでした。つまり、ここにあると言う事です。バイザーの後ろで繭で囲まれて、聞こえてくるのはバイザーの中にある自分の呼吸音と柔らかい土を踏む自分の足元だけでした。 男性の一人は、テープを貼った場所のすぐ内側で低木を切り取っていました。それから彼は2本の赤いヤードスティックのうち最初のものをテープから離して、約50cm動かしました。それから彼の同僚は金属探知機で2本の棒の間の領域を調べました。ほんの少しの安心感のある鞭が聞こえた後、2番目の赤いヤードスティックはそれから最初のものがあったところまで動かされました。完了しました。私が作業担当官の後ろについて右左に動くたびに、私の後ろをOm Chan Romは一緒に移動して、私が予想外の場所に踏み込まないようにしてくれました。 私は不思議に撮影を止めなければならなかった。 目撃者。危険。尊敬。物凄い暑さ。そして これらの人たちは一日中ここにいます 彼らは一日中何を考えていて どうやってずーっと集中しているだろうか? 私が目撃した後、まもなく Om Chan Romは私に 他の人達のところまで戻るように指示しました。水が配られ、写真を撮り、ただ 言葉の壁が 無ければ。と心から思った瞬間でした。「ありがとう」それだけでは不十分。。 本当にありがとうございました。良い仕事を続けてください。神が、あなた達が安全に作業できるように見守ってくださるように。        ...

Emma Louise Fry エマ ルイーズフライ によるドキュメンタリー「地雷少女」は、彼女がFalmouth University Colleage大学の国際ジャーナリズム修士課程の学生だった頃に制作されたものです。その中でCMAC地雷除去部隊の2人の女の子を追って、彼女達の仕事とそれを選ぶ理由についての話を聞いています。    ...

あなたは 子供の頃からどんな冒険をしましたか?おそらく裏庭にツリーハウスを建てたとか、隣人の子供たちと一緒に夕食時間までボール遊びをしたとかではないでしょうか。 そのような冒険は 1970年代のクメール・ルージュ占領中のカンボジアの子供には 大きく異なる状況でした。 多くの子供兵士の一人として、アキラは何千もの地雷を埋めることを余儀なくされました。 戦争が終わり、彼は勇敢にも自分の問題とし、彼が置いた地雷を見つけて 取り出すために 自身のステップをたどることを決めました。アキラの本当のカンボジアの名前はEoun Yeak。彼がUNMASで地雷除去 働いていた頃 UNMAS上司のスーパーバイザーの一人が 彼の優秀な仕事ぶりをみて、日本の大手家電AKIRAを思い起こさせたことからAKIRAと呼んだらしい。彼は全国で約5 もの 地雷を伐採するために働いてきたのです。 アキラは地雷の外殻を集めで、カンボジア自助地雷除去組織 とカンボジア地雷博物館救済センターの資金を集めるために博物館をオープンしました。Aki Raと亡妻は 24人以上の孤児達を養子にし、彼ら自身の子供と一緒に育てました。地雷のために手足を失った子供たちは救援センターへ温かく受け入れられ、そこで援助と教育を受けることができます。 2003年 地雷救済基金(LMRF)は米陸軍将校 ビル モース氏によって アキラとそのNGOの活動を支援するために設立されました。LMRFは、米国を本拠地とする米国501c3の慈善団体です。実は 自分で地雷を除去することは世界中で違法とされており, アキラは政府と問題を起こし始めました。そこでLMRFは、アキラをロンドンの国際安全保障爆弾教育学校に入学するのを助け、そこで証明書を受理することが出来ました。彼は2010年にCNNヒーロー賞を受賞し、国際社会から多くの支持を受けています。 Aki Raは、地雷除去作業に測定基準を置くことに反対と主張しています。寄付者による費用便益分析は、地雷除去プログラムの費用と人の命の価値を比較しているようなものです、しかし地雷除去が成功した爆弾に価格を設定することは不可能です。人の命をドルの価値へ置きかえすることは できないからです。とアキラは言った: 「地雷除去にはいくらかかりますか? 我々はどんなに費用がかかっても 地雷を取り除きます。 地雷一個 は 一人の命 です。 真のヒーローであり、どれほど素晴らしいことがまだ逆境から抜け出すことができるかの素晴らしい例です。   [caption id="attachment_3890" align="aligncenter" width="665"] Cambodia Self Help Demining チーム[/caption] 画像 www.cambodialandminemuseum.org 特徴画像:華南モーニングポスト  ...

Emi&EveはシェムリアップのジュエリーアトリエAmmoとのコラボレーションにワクワクしています。 AmmoはイギリスのジュエリーデザイナーMadeline Greenによって設立されました。彼女は地元のNGO SaoMaoから支援を受けてアトリエを設立しました。Ammo Jewelry Designアモジュエリーデザインは、西洋のアイデアとカンボジアの伝統的な技法を結合させたいと言う 願望から生まれました。 このワークショップは現在 4人の恵まれないカンボジア人に見習い訓練を提供しています。そのうちの何人かは アトリエに入る前にはGreen Geckoグリーンゲッコーと呼ばれるストリートキッズプロジェクトに住んでいました。真鍮製の弾丸のケーシングは、 細かな作業工程 、溶かし、平らくし、そして切り取ることによって ポジティブな ジュエリーに生まれ変わります。 ちなみに、アンジェリーナ・ジョリーが2015年に「そして その後、彼らは私の父を殺した」の撮影にカンボジアを訪れたいた時、アトリエの職人たち全員が映画のエキストラとして募集され、ワー​​クショップは2週間閉鎖されなければなりませんでした。アンジェリーナジョリーは、Green Gecko Projectと協力して、少女の視点から撮影された映画のエキストラとして採用しました。それから10人分のペンダントを作るように 映画スタッフから依頼されました。それと引き換えにお礼として、マデリーンは真鍮の弾丸からアンジェリーナのためにユニークなヘアピンを作りました。これらの過程で人生を変え、素晴らしい創造的表現の交換ができたのでした。 同様に、Emi&Eveとこの素晴らしいアトリエのコラボレーションは、短時間の魔法のようなものではありません。私たちのデザインとそのスタンダードは 社会的企業に利益をもたらしました。 「単なるな利益収入だけではありません。私はジュエリーデザイナーとして 細部へのこだわり面で大きく改善した事にも気づきました。」とMadelineは言います。 「それが 一般のハンドクラフト職人とは一線を画すものです。 AmmoはNaturaeコレクション、River and Freedomリング、Freedomフープコレクションを作っています。 ...

あなたは犬、猫、あるいはペットのネズミを飼っていますか? International Mine Action Dayである4月5日、Emi&EveはシェムリアップのApopoで働くMagawaと呼ばれるプロの地雷除去ねずみを養子にしました。 APOPOはオランダ語の頭字語で、Anti-Persoonsmijnen Ontmijnende Product Ontwikkelingの略で、英語ではLandmines Detection Product Department(対人地雷探知製品開発)の略です。 1995年には、世界の地雷問題の解決策を模索していたアントワープの学生、バート・ウェートジェンスは、ペットとして飼っていたネズミを地雷除去のために訓練を受けることができないかと考えました。彼の元講師は、アイデアの実現可能性を信じ、研究プロジェクトの開始に資金を供給しました。2年後、ベルギー政府はチームは特殊な種類のネズミの繁殖においてタンザニアの大学との共同研究を開始することを可能にする助成金を提供しました。世界銀行からのさらなる助成金の後、プロジェクトは結核探知、そしてモザンビークでの地雷除去に焦点を合わせ始めました。最終的に2006年にアポポは公認地雷処理業者となりました。一般庶民が 募金集めのみでなくラットを養子にすることができる 公的支援キャンペーン、斬新なアイディアに庶民はHERORATキャンペーンを支持しました。 2014年4月に、APOPOは初めてその地雷探知ラット(MDR)をアフリカ大陸の外に送りました。2016年までに、現地のパートナーであるCMACによる順応と3か月間の徹底的なテストの後、カンボジアのHeroRATチームが地雷原に配備されました。 APOPOは最近MDRに会い、デモンストレーションを見ることが可能であるにビジターセンターをシェムリアップにオープンしました。私が2018年1月に訪問したとき、私は掲示板で11匹のネズミが11個の対人地雷と10個の戦争残骸爆発物を見つけ 21人の命を救うことが出来たと報告されていました。私はとても感動しました。MDRはこの仕事に非常によく適していて、地雷を見逃すことはありません。彼らは最大8年間の生命力があるので トレーニングに投資する価値があります。 HeroRatsは人間の環境で生まれているので, 生まれつきから社交的になっています。 私は猫や犬のように、ネズミは近い人間とある程度付き合うことができることを学びました。彼らは仕様者の人間に対し信頼を持っていますが、猫とは違って、独立した生き物のままです… Apopoは、地雷探索犬を飼っているノルウェーの人民援助NPAと協力活動を契約しています。NPAは最先端の移動式獣医コンテナーを持っているので、これらすべての動物は素晴らしい医療を受けられます。 International Mine Action Dayに、Emi&EveはMagawaを養子採用することでHero Rat プログラムの一部になりました。彼の3月の報告カードは次の様に書かれてた。 地雷除去エリア:4300平方メートル 爆発物発見:2x AP(anti personell)地雷、3 x 他爆発物 作業時間:529分 さあ ごちそうのバナナとピーナッツの時間! 私たちのInstagramとFacebookで Magawaの最新情報をフォローしてください。 私たちは色々な方法で地雷除去を支援することを誇りに思います! [caption id="attachment_3897" align="aligncenter" width="600"] 彼のハンドラーとマガワ[/caption]   [caption id="attachment_3896" align="aligncenter" width="600"] 彼のタンザニアのトレーナーとマガワ[/caption]   [caption id="attachment_3895" align="aligncenter" width="600"] シェムリアップ州で働くマガワ[/caption] フィーチャー・イメージ・クレジット:APOPO...

地雷、弾丸の殻、やその他の戦争の残骸爆発物を除去するプロセスを理解するために、私はカンボジアのさまざまな地雷対策事業者と会いました。団体では外国人の雇用も見られたがで、限られた人数であり実際の作業はすべて地元の人々によって行われていました。 私は地雷対策において 地雷対策担当官、特に女性の生活にどのように影響しているのかに 特に興味を持っていました。実際、女性は一般にこの仕事に特に優れていると考えられているようです。だからこそ、私たちは彼女達の地雷対策に全面的に注目する事にしました。 Norwegian People's Aid(NPA)は、地雷および爆発物探知犬訓練の世界的リーダーです。これらの英雄犬はカンボジアや他、世界中の地雷と不発弾の除去を手伝い 人命を守るのを助けています。  1992年からANAは カンボジアで初めて 国連の後援のもと、国の北西に最初の地雷除去を行います。彼らは政府の地雷除去チームと協力し 60匹の犬をCMAC C提供しています。 今日では、NPAは主にラタナキリ州で活動し 密集弾を撤去する作業をしています。 NPAは世界最大の地雷探知犬を持っています。 ベルジアン シェパート ドッグ マリノアは 丈夫で、優れた狩猟本能を持っているので血統犬です。また NPAは女性の雇用も積極に行っています。私は シェムリアップのデモセンターで 彼らに会うのが楽しみで待ちきれませんでした。 実演デモを率いるCallyによるブリーフィングの後、我々はトレーナーSrey NichAxel と犬のAxel、そしてトレーナーVannochと犬のInna、愉快な彼ら2組と出会いました。 Srey Nich(32)はすでに6年間NPAに所属しています。デモセンターで働く前, 彼女はラタナキリのフィールドに出て、彼女のチームはたくさんの戦争残骸爆発物を見つけました。彼女は仕事が大好きだったのですが、以前事故を目撃したことがあり、それ以来 除去作業することは彼女にとって過酷な経験となりました。Vannoch(31)はタイで清掃員として働いていましたが ある日 彼女がラジオでNPAによる人員募集の発表を聞きつけました。 二人とも自分たちがしていることが大好きであることは明らかです。 「肉体的な力が少なくても、女性は男性と同じようにこれらの仕事をすることができます」とSrey Nichと話してくれました。彼女達は 牛の世話や清掃の仕事よりも より良いカンボジアに貢献する機会を与えられている仕事に満足しているそうです。   [caption id="attachment_3842" align="aligncenter" width="1024"] 写真クレジットNPA[/caption] [caption id="attachment_3854" align="aligncenter" width="1024"] 左側にVannochとInna、右側 Srey NichとAxel[/caption]   [caption id="attachment_3848" align="aligncenter" width="1024"] Innaが長いリード紐を使って動きを教えてくれる。[/caption]   犬による爆発物の検出成功には、動物の遊びたいという衝動を利用することに基づいていることを学びました。犬が遊ぶ気分になっていない場合、彼らの検索は信頼できません。これにより、犬とハンドラーの関係が重要になります。AxelとInnaは私達に長リード紐と短いリード紐を使った テクニックを見せてくれました。我々は(犬が見ていない間)小さな立方体のおもちゃを隠すように頼まれました。犬は早くおもちゃを見つける技術を皆に見せたくてリード紐を噛んできました。普通の犬は最も匂いの集中している部分を探し、その上に立ちます。しかし、地雷探知犬は匂いの周りを歩き回り、焦点を見つけて鼻を向けるように訓練されています。これで犬がこの仕事で死んだことは一度もないそうです。 子犬から8年間の勤務の為に、犬はゴムで出来たおもちゃでトレーニングされます。穴が開いている部分に食べ物を入れて、おもちゃが隠されます、時間が経つにつれて、食べ物は より多くの爆薬と混合され、爆薬のみが存在するまでにおもちゃは どんどん小さくされます。彼らはこれを地面から数メートル下で感知することができるようになります。 18ヶ月齢までに、犬は完全に訓練されて、野外環境フィールドで 極小さな爆発物の破片を検出することができます。 家で飼うペットのような犬ではなく犬のInnaとAxelは大きくて荒々しく見えましたが、同時に愛らしくて 「会えてとっても嬉しいね!」というトレーナーの掛け声と共に足を引き上げました。トレーナーさん達と犬が真剣勝負の仕事をバランスを持って楽しみながら働いている様子に感動しました。 魅惑的な実演デモの後、私たちは他の犬やトレーニングセンターを訪れました、NPAはノルウェー政府や他のドナーと密接に連携しており、最新の設備や専門知識を利用することができます。犬が遠隔地で病気になると どうなることでしょう? NPAの移動式獣医診療所は、現地調査の拠点となる場所に配置される為、 犬の耐用年数を延長し、土地の残骸爆発物 除去作業をスピードアップする事が可能なのです。 移動式獣医診療所の1つがここに配置され、私たちはコロンビア出身のNPAの獣医Elisabeth(「自宅から3日間かかる」)に出会いました。彼はラタナキリ州のチームに参加する準備をしていました。興味深いことに、アポポのスタッフは彼女とちょうど会ったばかりでした。Apopoは地雷探知ラット(ネズミ)と協力し、NPAの獣医と診療所と協力しています。私たちはすでにアポポの地雷探知ラットであるマガワを養子にしていたので、彼らとのチームワークを目のあたりにすることができて嬉しかったです。 さて 犬が引退するとどうなるのでしょう? 彼らのよき理解者トレーナー達によって 養子に引き取られたられるケースもあります。今では、リタイアした犬のための世界初の老犬ホーム、英雄の家もあります。 そして女の子たちはERWから作られたジュエリーについてどう思ったでしょうか? 下の写真を見てください。 私たちは20個のジュエリーをNPAに寄付しました。デモセンターで販売されています。 値段はあなたが決めて下さい。。。 全ての売り上げは 犬トレーナーの女性へ渡されます。  ...